ITサービスを提供するタクトシステムズ|高品質でスピーディ

案件管理の重要性

IT

高度情報化社会と呼ばれる現代においてシステム開発を実施するシステムインテグレーターの数は非常に多いといえます。ITの技術は人々の生活において欠かせないものとなり、システム開発を外部に依頼する企業も多数です。多数あるシステムインテグレーターの中でも大きな強みを持っているのがタクトシステムズなのです。システム開発において重要ともいえる要素が、全体を管理するプロジェクトマネジメントといえるでしょう。タクトシステムズの技術者は約4人に1人がPMP資格という、高レベルのプロジェクトマネジメント技術を持っているので、途中でプロジェクトが破綻してしまうことを防げるのです。PMP資格は世界でも認められており、文化や国を超えた評価基準として注目が集まっている資格の1つなのです。
資格を取得するためには監督と指揮を経験した技術者のみなので、実践技術と応用技術を活用したプロジェクトマネジメントがタクトシステムズでは実現できます。そしてもう1つの強みとして挙げられるのがリソースを最適化したプロジェクト管理手法を取り入れている点になります。本来であれば6名体制で3ヶ月かけて開発する予定だったプログラムをスケジュール都合により19名で3週間という短い開発期間で成功させた実績もあるのです。このようにタクトシステムズでは納期変更や急なスケジュール変更にも対応できるので、クライアントの意向に沿ったシステム開発が可能といえます。柔軟な対応力もタクトシステムズの強みだといえるでしょう。